« ワクチン&ヅラ認定書&お願い | トップページ | 経過報告(^O^)/ »

2007年9月21日 (金)

「乳がん」と告知されました

はい、タイトルの通りです。

ちこやん「乳がん」になってました。

最近、ブログも更新できなかったのは、入院の準備でバタバタでしてたからですcrying

みなんさんのところにもお邪魔できなくて、スミマセンでした。

うっとしいくらい長い文章かもしれませんが、自分の記録として詳細を残させてもらいますhappy01

 

 

 

6月11日 

地元のJA(いわゆる農協ですね)の健康診断に行きました。

オッパイをチェックしてもらったら、「しこりが、ありますけどわかってました?」と言われる。

ちこやん「乳腺炎になったとこですか?」

先生「違います。このあたりですよ!」

う~ん、わかんないけど?

エコーの検査でも、左だけやらた丁寧に検査される。

 

7月2日

検査結果で、再検査を受けるように通知が来る。

こっそり、パパさんが紹介状を開けて、見てくれる。

「○○○の疑いあり」と書かれている。

ネットで、しらべる。

『乳がん』のようだ・・・

 

7月9日

指定病院で、再検査。

再度エコーを受ける。

「しこりの中に血流が見られます。至急、細胞診をうけてください!」

地元の、S病院の予約を取ってもらう。

血流があるしこりは『乳がん』って、ネットで書いてたよな~(T_T)

 

7月18日

S病院で、エコーを受けたあと、細胞診をする。

エコーの映像を見ながら、Dr.がオッパイに針を刺す!なんだが、ぐシュグシュとスポンジに針を刺してるような音がする。

 

7月25日

S病院に、ちこやんだけで結果を聞く。

Dr.「乳がんですね!しこりはそれほど大きくないけど、石灰化が進んでますから、左のおっぱいはすべて摘出します。一番早いオペは、8月5日ですがどうしますか?」

ちこやん「早いとこ悪いのを取りたいからお願いします。でも、全部、無くなったらバランスが悪いですよね?」

Dr.「今は、いいパットもあるし、再建(おっぱいを作り直す)もできますから、ゆっくり後から手術したらいいんじゃないですか?」

ちこやん「余命何ケ月とか、もうわかります?」

Dr.「オペして、ガンの状態を見ないとわからないですね」

ふ~ん。そういうもんなのね。

オペのための検査で、胸部レントゲン&心電図&呼吸器検査&採血をしてから帰る。

 

その後、家に帰って必死でネットで再建について調べる。

そこで、気になったのが、お腹の脂肪を使った再建術!

さっそく、ブログのうきふねさん にメールを送る。

うきふねさんより、「関西ではH大病院でやってますから、セカンドオピニオンをうけては?」とアドバイスされる。

ツインズには「ママは、乳がんやったわ!」と伝える。

「手術したら治る?」「ガンは手術で治る人もいるけど、違う人もあるからまだママはどっちかわからんへん」「・・・・」

 

ブロ友さんで、乳がんの方に相談のメールをして、色々教えてもらった上に励ましていただき、元気をもらう!ブログやっていてよかったな~、とマジで思うsun

 

7月27日

S病院へ、H大病院でセカンドオピニオンを受けたいと相談する。

「あなたの、気の済むまで、相談してきていいんですよ」と、暖かいお言葉!

早速、セカンドオピニオンの予約をお願いする。

ただ、オペ前の色々な検査はキャンセルせずに、S病院で受けることに。

 

7月31日

S病院にて、腹部エコーと造影CTの検査。

初CT体験!造影剤を入れると体が熱くなるんですね~。びっくり。

 

8月1日

S病院にて、MRIの検査。

「すごくウルサイですから、ヘッドホンしますね」と言われたが、確かに工事現場の中にいる感じのうるささだった。

外来で、先生から、腹部エコーと胸部レントゲンで、オッパイ以外は転移してなさそうと説明があり、ちょっと嬉しい♪

 

8月6日

H大病院へ、パパさんと一緒にセカンドオピニオンをうける。

K先生は、乳腺外科のとっても、やさしい方でした。

長時間、詳しくガンの状態を説明してもらい、こちらのしょうもない質問にもしっかり答えてくれて、この先生にオペをお願いしたいと、強く思う!

結局、S病院と同じく左のオッパイを全部摘出する診断でしたが、同時再建を希望してるとお願いすると、「では、こちらに転院されますか?」となった。

S病院に紹介状を書いてもらい、今度はH大病院を受診することになる。

(紹介状がないと、初診の負担金がかかると先生が教えてくれた!先生サンキュ~♪)

ただし、お腹の脂肪を使った再建は私がツインズを出産する時に帝王切開であったために、ムリかも知れないといわれて、ショックを受ける・・・

(せっかくなら、いらないお腹の脂肪を使ってスッキリしたかったんだも~ん)

 

8月14日

H大病院を受診する。

お腹の脂肪を使って再建した、うきふねさんが紹介してくれたSさん(H大病院で再建をされた方)が、たまたま受信日であったので、直接お会いしてお話を聞くことが出来た。

Sさんは、とってもステキな方でスリムでした。再建したオッパイも触らせてもらっちゃいました!

色々と詳細を教えていただき、ますます、ガンを取った後のおっぱいはお腹の脂肪で再建できたらな~と、思う。Sさん、ありがと~♪

この日は、乳腺外科のK先生の診断。

オペの予定が混んでいるので、多分10月になりそうと言われる。早く悪いところを取っちゃいたいけどな~。再度エコーや、マンモグラフィー、血液検査などを行う。

 

続いて、形成外科のY先生の受診。

Y先生は脂肪を使ったおっぱいの再建の権威で、関西ではY先生だけのようで、沢山の患者さんが先生を頼って来院されています。

Y先生に、帝王切開しているけど、脂肪で再建したいとお願いする。

エコーで、お腹の様子を見てもらったところ、ちゃんと太い血管があるので、お腹の脂肪を半分使って再建できることになった!やった~!

ん?でも、半分てことは、残りの脂肪は?

Dr.「大丈夫ですよ~。ちゃんと残りの脂肪もとって同じようにしますから」

よかったheart04せっかく脂肪をとっても残り半分が、ぶよ~んと残ってたらね~。

 

8月17日

骨シンチの検査。

骨にガンが転移していないかの検査です。

 

8月&9月いろいろ日

入院するに向けて、Aちゃんの血糖値の測定や、インシュリンの量などをパパさんに伝授してやってもらうための資料を作る。

また、おばあちゃんにお願いする、ツインズのお稽古事のスケジュールリストなどを作る。

ちこやんのいない間のツインズのお世話関係で、学校の先生に(ちょうど運動会なの!見れなくて残念sweat01)、色々お願いする。

ツインズの学校はとても協力的で、入院中も安心して任せられそうgood

 

9月4日

H大病院受診。

K先生から、26日にオペが決まったので、詳細を確認。先日の骨シンチの結果は骨には転移してないとのことで、ラッキー

麻酔科の先生から、オペでのリスクの話を聞く。

今日も、時間が一杯かかって、1日仕事。

 

 

 

そして、明日(今日?)21日は入院です。

22日~24日は外泊の許可が出てますがどうなることやら・・・

 

暫くは、皆さんのところにもお邪魔できそうにもありません。スミマセン。

病院にはパソコンの持ち込みはムリそうなので、オペが終わって携帯から更新できればしますが、むりなら10月の末までは(約3週間は入院といわれている)更新できないかもしれません。

暫くは、放置プレイのブログになりますが、元気になって帰ってきたらまた、お邪魔しますのでよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

は~い!がんばりまっせ~

|
|

« ワクチン&ヅラ認定書&お願い | トップページ | 経過報告(^O^)/ »

カテゴリなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワクチン&ヅラ認定書&お願い | トップページ | 経過報告(^O^)/ »